方位の見方と方位地図

吉方位や凶方位は九星ごとに新開運カレンダーに記載されていますが、いざ行動しようと思っていても

「どこが南?北東ってどっち?」

「あちこち方位アプリの中に方位の文字(南東とか北東とか)が記載になっていないのでわからないです!」

このような質問や問い合わせがよくあります。

せっかく吉方位に行ったと思っていたはずが、調べてみると凶方位だった…という人も多いので、事前にしっかりと行先と方位を調べておく必要があります。

方位の恩恵を受けるにはちょっとした準備も必要ですので、地図やポイントをチェックしてくださいね!


※吉方位効果を得るためのポイント!


◆必ず自宅、厳密には「1年以上、毎日寝起きしている場所=寝床」を起点に方位を決めて下さい。

◆吉方位取りをする際は、各方位の境界線付近のギリギリは避けてください。

◆しっかりとした効果を出すには目的地となる吉方位の、なるべく方位線と方位線の真ん中である「中心」を目指してください。

スポンサーリンク




各主要都市の方位地図

せっかく吉方位に興味を持っても、あちこち方位の設定や使い方がわからないために途中で面倒になってあきらめてしまうこともありますので、方位の見方が初心者の人のために、各主要都市の簡単な地図を作成しました。

とりあえず「札幌、東京、大阪」の三都市を作成したので、当てはまる方は参考にしてください。

他の都市も、順次作成していく予定ですのでお待ちくださいね。


札幌を中心とした各方位

東京を中心とした各方位

大阪を中心とした各方位

吉方位の効果は距離と時間に比例

「吉方位旅行に行く!」と、計画し具体的に出発日など日程が決まった「瞬間」から幸運なことが起こり始めるなどの効果が現れます。

しっかりと吉方位効果を出すためには「3泊4日以上・100㎞以上」の場所に滞在すると良いです。

方位の効果は時間と距離に比例するので、吉方位旅行は長い滞在期間で距離も遠いほど効果が大きくなります。

長距離・長期間が無理な場合は近距離・短期間の回数を多くするなどの吉方取りをすると良いです。

大吉方位旅行に行くと早い人は行ったとたんに良い現象が起きる人もいます。

遅くても大体1年以内に願望が成就するかきっかけを掴むことができます。

多くの人はすぐに効果が現れないと途中でやめてしまいますが、継続することで必ず大きな効果となりますので、できる範囲で頑張ってくださいね。

【ご注意】

吉方位取りを必死になっておこなってもすぐに効果が現れるとは限りません。

また、成功が約束されるわけでもなく、天からお金が降ってくることもないので、過度な期待はせずに「本人の努力に追い風が吹く」ようなイメージと思ってくださいね。

あくまでも統計学上の「気のめぐり」によるものなので万が一、不都合が生じた場合は責任を負いかねますので御了承ください。

「あちこち方位」の使い方

スマートフォンで方位を見ることができる便利なサイトやアプリがたくさんありますが、ここでは私も活用している「あちこち方位」の設定や使い方をお伝えします。

※「あちこち方位」で検索すると「パソコン版」「スマホ版iPhone、アンドロイド」などありますので、端末に合わせてご活用ください。

<スマホ版の設定手順>

◆アプリで 「あちこち方位」をインストール

1.画面の下部「①地図を検索」を押す

2.上部に検索窓が現れるので「②自宅の住所」を入力

3.自動で自宅が地図の中央に表示されるので画面下部左端「③地図中央を自宅に設定」ボタンを押すと方位線が表示されます。

4.方位線の種類:「④気学30/60」 を選択します。

ここで完了となります。

指でピンチアップすると拡大・縮小するので、国内、海外の方位が表示されます。

※注意~「偏角を考慮」「正方位線」はチェックしません。

※方位学は多くの宗派があり、それぞれの方位線の設定がありますが、こちらでは「気学30/60」を的中率よりおススメしています。

しかし、万が一、不都合が生じた場合は責任を負いかねますので自己責任のもと移動されるようお願いいたします。

九星別「吉方位カレンダー」の確認はコチラです⇒新開運カレンダー

スポンサーリンク

フォローする