7.七赤金星/新開運カレンダー

2020年(令和2年)を無料ですべて公開中!

%e6%96%b0%e9%96%8b%e9%81%8b%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc

七赤金星、毎日の運勢と吉凶方位

年月日の吉凶方位、大吉方位早見表、月日の運勢、日破九星がカレンダーとなり見やすく一目瞭然です。

家庭安泰、ビジネス、交際、金運など順調な日々を送るためのスケジュール管理にお役立てください。

吉方位の「有益な気」がもたらす効果は、健康増進と活力がみなぎり充実した人生を送ることができる自然からの恩恵です。

できる限り日々の生活に取り入れていきましょう。

また、凶方位にやむなく移動される方は、いつもより準備を万全に注意して行動するだけで災難を未然に防ぐことができます。

※100km以上の移動、温泉入浴、3泊以上の旅行で最大の効果を発揮する「大吉方位の一覧表付き」

スポンサーリンク




<2019年10月>年月日の吉凶方位と運勢

【10月の運勢】
決断力に優れ、昇進・地位や名誉が得やすい時期。知識が広がり、良いアイデアが浮かぶ時です。反面、派手な行動でトラブルや散財に注意してください。

【月日共通吉方位】
10/1(西)・10/2(南)・10/3(西)・10/5(西・南)・10/11(北東)・10/15(北東)
10/22(北東)・10/24(北東)・10/29(北東)・10/31(北東)

【年月日共通大吉方位】100km以上の移動、温泉入浴、3泊以上の旅行で最大の効果を発揮する、ウルトラ・ラッキーデー!
10/1(西)・10/3(西)・10/5(西)

<2019年11月>年月日の吉凶方位と運勢

【11月の運勢】
悪い交友関係や異性との問題で悩まされるとき。また、免疫力の低下から病気になりやすいときですので、普段から食べ物には注意が必要。

【月日共通吉方位】

11/2(北東)

【年月日共通大吉方位】

なし:長距離・長期間(3泊以上)の旅行は控えること

<2019年12月>年月日の吉凶方位と運勢

【12月の運勢】
今までの努力が報われるとき。仕事面では周囲と協調することで後半に向け明るい展望が期待できます。暴飲暴食には注意してください。

【月日共通吉方位】
12/8(北西)・12/9(東)・12/11(東・北西)・12/15(北西)・12/17(北西)・12/18(東)
12/19(北西)・12/20(東・北西)・12/23(東)・12/24(北西)・12/26(北西)・12/27(東)
12/28(北西)・12/29(東・北西)

【年月日共通大吉方位】100km以上の移動、温泉入浴、3泊以上の旅行で最大の効果を発揮する、ウルトラ・ラッキーデー!
12/9(東)・12/11(東)・12/18(東)・12/20(東)・12/23(東)・12/27(東)・12/29(東)

<2020年1月>年月日の吉凶方位と運勢

<2020年2月>年月日の吉凶方位と運勢

<2020年3月>年月日の吉凶方位と運勢

<2020年4月>年月日の吉凶方位と運勢

<2020年5月>年月日の吉凶方位と運勢

<2020年6月>年月日の吉凶方位と運勢

吉方位で最大の効果を得る方法

吉方位の効果が一番発揮されるのは「温泉」です。

それは何故かというと…

気学の基本としている陰陽五行の「気」が充満しているからです。

五行の思想とは自然界を

木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)

5つの要素で成り立っているというものでした。

五行の行という字は、巡るとか循環するという意味があります。

5つの要素が循環することによって万物が生成され自然界が構成されていると考えられているのです。
%e4%ba%94%e8%a1%8c%e3%83%bb%e7%9b%b8%e7%94%9f%e7%9b%b8%e5%89%8b
温泉は五行(五気)すべてを含む「風水地理学」

木気…草木や森林植物の成分が溶け込んでいる

火気…地球内部からの熱源である地熱である

土気…大地(地球)と密着している

金気…大地や岩石、お湯には鉱物等のミネラル成分を含んでいる

水気…温泉「源泉」は水の成分である

森林に囲まれた大自然の豊かな「天然温泉・源泉かけ流し」の大吉方位に旅行することで最大の効果を発揮します。

※大自然からの良い「気」をいただく恩恵のことを「方徳」といいます。

吉方位効果を発揮する入浴ポイント!

a0731_000091

温泉は湯あたりしない程度にゆっくり何度か入ると良いです。

湧き水や飲用可能な温泉水の場合は体内に取り入れることで効果がアップします。

方徳アップポイント!

現地の自然環境の中で散策や休息をとる。(芝生や砂場で裸足になると良い)

現地の食材を感謝の気持ちをこめて味わいましょう。

スポンサーリンク

フォローする